プログラミングスクールの選び方

どうも、管理人のしょう(@shoblog1988)です。

最近、プログラミングスクールが増えましたね。

多すぎて、どこを選ぶか迷いますよね。そこで今回はプログラミングスクールに実際に通ってた筆者がプログラミングスクールの選び方を教えます!

この記事でわかること
↓↓↓↓↓↓

スクールを選ぶ基準は、あなたが1日に勉強できる時間を知ること!

ほとんどのスクールのカリキュラムは、1日の学習時間の目安を設けています。

例えば、TECH CAMP(旧テックエキスパート )では、

・短期集中コースでは、1日10時間

・夜間・休日コースでは、1日3.5時間

というように受講生が本当に学習時間を確保できるかを受講前の無料カウンセリングで聞かれます。

スクールの学習時間はあくまで目安。余裕のある計画性が大事!

他のスクールではわかりませんが、テックキャンプ(転職コース)では、カリキュラムの進捗が遅れてしまうと延長料金を支払わないといけません。(だいたい6.5万ぐらいだった気がする。1ヶ月延長できる。)

実際のところ、ほとんどの人がギリギリか、中には遅れている人もちょこちょこいました。

なので、スクールが目安にしている時間+1.5倍ぐらいの時間を確保した方がいいでしょう。

 

あと、これは僕だけかもしれませんが、最初はプログラミングアレルギーがあリました。たぶん勉強慣れしてなかったのか、パソコンと向き合うのに1日3時間が限界でした。プログラミングに関する新しい情報が次々と脳に入ってくるので、すぐに疲れてしまっていたんだと思います。
まあ、これも自分で簡単なアプリとか作れるようになると楽しくなって1日10時間ぐらいはぶっ通しでパソコンと向き合えるようになってくるんですけどね。

プログラミング学習は想像以上に挫折しやすい。

卒業直後のツイートです。

これはつまり26人中、17人は途中でプログラミングを挫折したということです。この17人はみんな80万円をドブに捨てたようなものですよ。信じられますか?

テックキャンプ(転職コース)では、同じ時期に受講を開始した人の進捗具合や自分のランキングがリアルタイムで確認できます。

こんな感じ

Image from Gyazo

教室で他の受講生と話す機会がありましたが、明らかに仕事が忙しそうだったりして学習時間を確保できてない印象でした。ある程度、progateやドットインストールなどで予習をしておくことも大事ですね。

まとめ

昔の僕のように、

1日に3.5時間なんて余裕でしょ?
なんて方もいると思います。
確かに、余裕に感じるかもしれません。特にHTML、CSSのあたりは余裕ですから、むしろ時間が余るぐらいでしょう。しかし、JavaScriptやサーバーサイドの言語の学習領域に入ると途端に行き詰まってきます。
実際、先ほどの挫折組17人の進捗具合を観察すると、やはりその辺りで学習を止めてしまい挫折する人が多かったです。

なので、プログラミングスクール選びで迷ってる人は、

・(1日に学習可能な時間+1.5倍ぐらいの時間)= (スクールの推奨する1日の学習時間)

・最低でもHTML、CSSに自信が持てるぐらい知識をつける。

この2点を守れば、挫折せずにプログラミングスクールを卒業できます!